勤続17年の会社を四十路手前で退職する情けない理由【退職日記02】

勤続17年 会社 四十路 手前 退職 情けない 理由 退職日記

第2回目となる退職日記ですが、前回の退職日記で

新卒 勤めた 会社 40歳目前 退職 様子  紹介 退職日記新卒から勤めた会社を40歳目前で退職!その様子をご紹介します。【退職日記01】

「勤めている会社は色々と普通で安定している会社ですが、逃げの退職

という事を書きました。

今回はその理由について掘り下げて説明したいと思います。

辞めた理由を簡単に言うと・・・

「人間関係から仕事が辛くて嫌になって辞めた」
と言う事ですので、そんな認識で今後の退職日記も読んで頂ければと支障無いと思います。(笑)

 

理由を深掘りすると・・・

さて、前回のブログでは逃げの退職と言いましたが、何から逃げたいかと言いますと正確には会社ではなく、今のプロジェクトチームから逃げたいのです。

私が所属しているプロジェクトチームは下記の4人で構成されています。

  1. チームリーダー
  2. kuro6こと、私
  3. 育児時短社員
  4. 親会社社員

登場人物を細かく説明していくと・・・

チームリーダー

  • チームに所属している期間もメンバー内で最長で業務知識も有り。
  • 私の会社の上司にも当たる。
  • チームと会社の管理系の仕事を主に行い実業務から一線を
  • 退いているが業務知識が有るのでkuro6が不在時は
  • 代わりに実業務を行ってくれている。

kuro6

  • チームに所属している期間はメンバー内で2番目に長い。
  • 実業務の実質的な主担当。

育児時短社員

  • チームに所属している期間はメンバー内の3番目
  • 知識は有るのだが対応速度が遅い事と16時で帰宅する為、
  • その残業務はkuro6が行う。

親会社社員

  • 2年前に私の会社の親会社の意向で急に配属された。
  • 現メンバーの中では一番期間が短い。
  • 基本的に仕事をしない。
  • 仕事をあまりしないから速度も遅い。
  • 同じビルの別階に有る親会社のところに行く事が多く
  • 席にあまり居ない(仕事をしない)
  • 介護の必要が有る為と会社に来ない事が多い。
  • 多少は仕方ないとは思うがほとんどが当日急になので
  • 業務要員として宛に出来ない。
  • こっちが忙しくてもがんがん仕事を振ってくる。
  • 行動の節々から「自分に甘く他人に厳しい。」事が滲み出ている。
  • etc・・・

「親会社社員」の愚痴が湧き出てくる・・・

はい。この人が嫌なのです。この人が配属された2年前・・・いや、最初の1年はおとなしかったので1年ちょっと前の2016年になったぐらいから本領発揮しだしてからが本当に嫌!何度もバトってしまいました。

それまではそこまでストレスを貯める事無く、仕事をしていたのですが、なんか日々イライラして仕事をするようになってしまいました。

今までは気になっていなかった「育児時短社員」の残業務を行う事もどんどんとストレスに感じるようになってきて・・・2016年の冬はストレスの溜まりまくる日々でした。仲は良いんですけどねぇ

そして、その「親会社社員」の事を嫌いなのは私だけでなく「チームリーダー」も何度も喧嘩していて、チーム内の雰囲気がどんどん悪化していったのです。

ちなみに今現在は雑談は最小限に抑え、話しかけられたとしても淡々と・・・取引先担当者と電話する時以外はほぼ笑う事無く働いています。以前は暇な時は雑談で盛り上がったりともっと明るい雰囲気だったのに・・・

 

想像出来る未来。

当時の私は3パターンの未来が有ると考えていました。

  1. 今のまま頑張る。
  2. 異動して新たな部署で頑張る。
  3. 退職して新たな人生を頑張る。

1.今のまま頑張る。

頼っていた「チームリーダー」が居なくなり、嫌いな「親会社社員」がリーダーになる可能性が非常に高く、それが一番避けたい未来。
たとえ、もし「チームリーダー」が残ったとしてもこの状況は改善せず良くなる見込みは無かったと思います。

2.異動して新たな部署で頑張る。

新卒から入社以来似たような業務を行ってきた私は他の部署に行った時はほぼ何もわからない状態で0から勉強し直しになる可能性が高い。

3.退職して新たな人生を頑張る。

何もかも変わるので、頑張る必要がある。

 

退職という選択

要はどう転んでも私の人生は大変で頑張らなければならない状況だったのです。

だったら・・・

どうせ必死で頑張るしか無いなら、良い機会なので全然違う環境に飛び込んで頑張ってみよう!

そう思ったのが退職を決めた時の考えです。

もちろん、今の会社に対する不満も多少なりとも有ります。

ですので、異動では無く、退職の道を選びました。

私の会社、親会社もチームの雰囲気が良くない状況は把握していて、個別にヒアリングとか受けました。(すでに退職の意向を伝えた後でしたが。)その結果、2017/4/1にチームリーダーが異動し親会社社員がリーダーになる事となりました。上記パターン1で一番避けたい未来としたパターンですね。

想像をしていましたが私の会社はグループ会社ですので・・・親会社のパワーには、やはり勝てないのです。
「親会社社員」の元で働くのなんて本当に嫌です!
退職にあたり色んな不安も有ったのですが、そのチームリーダーの異動の話を聞いた時、退職を決めていて本当に良かったと思えました!!

私の会社も最高な会社では有りませんし、今までも辛い事もいっぱい経験してきて何度も転職を考えた事は有りました。でも退職には至りませんでしたが、「親会社社員」のおかげでついにその一歩を踏み出す事が出来ました!「親会社社員」が来なければ踏み出せなかったので、今時点ではその事については「親会社社員」に感謝しています!

 

愚痴を吐き出すのも悪くない

今回は退職理由という事で、ひたすら愚痴ってみました!
愚痴は吐き出すとちょっとスッキリしますね!

また吐き出すかも!?

とりあえず今回はこんなところで・・・

退職日記 今までとは違う 自分 変化 頑張り退職を決めた事で今までとは違う自分になってみました!【退職日記03】

に続きます。

それでは!

2 COMMENTS

tomoko196609

主婦になるということは、「会社の事情に振り回される旦那」に振り回されることなんだなと、今更ながら思います。逃げたら、何もかも一人でしなければなりませんが、それは寂しいので(^_^;)
ブログで発散しています。
「親会社社員」さんも、介護とか親会社とか、ストレスありそうですね。

返信する
kuro6kuro6

ともぴーさん (id:tomoko196609)
何かしらのストレス発散方法は大事ですよね!
あの人については・・・どうなんでしょうね。介護が大変なのは伝わってきましたけど・・・「自分に甘く他人に厳しい」のはそもそもの性格な気がします(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です