【ネタバレ有り】「ドラゴンクエストユアストーリー」感想!割と酷評だけどそんなに悪かったかなぁ

国民的人気ゲーム「ドラゴンクエスト」がついに映画化されました!早速、公開日(2019/08/02)にその映画ドラクエを観てきました!
今回はネタバレを気にしない映画感想です。

まず点数評価・・・10点満点で・・・

8点

DQ5をリアルタイムプレイしたという補正有り!賛否両論は有ると思うけど個人的にはめちゃくちゃ良かった!

映画ドラクエのネタバレ気にしない感想

映画ドラクエ ドラクエ5 ドラクエV 感想 レビュー ドラゴンクエスト ネタバレ 無し 入場特典 キーホルダー
まずはストーリーを追った形で感想をお伝えします。

MEMO
参考までにネタバレ無し感想に書いた私にドラクエVをお伝えします。
スーファミ版をリアルタイムでプレイ。クリアは一回。リメイクも含め何度かプレイするも結婚辺りで放置してしまう。フローラ派。
ちなみにドラクエⅢが大好きだけどⅣは未クリア、Ⅵは未プレイなど天空シリーズに対しては思い入れ少なめ。

幼少期から奴隷まで

幼少期の必要なエピソードの紹介がゲーム画面なのは驚きました!ゲーム「ドラゴンクエストV」が原作なんだぞってアピールが素敵でした!
まぁそれはミスリードでラストまで観るとコレがオチへの伏線の始まりだったって事なんですけどね。

メインの映像になってからは鳥山絵じゃないパパス達に違和感を持ちつつもそれはすぐに慣れました。

この映画の目玉キャストとも言える山田孝之のパパスはさすがに素敵でした。

ここまではほぼ原作通り。
奴隷からの脱出から尺の都合で変わっていきますが特に不満無いエピソードの取捨選択。
初見サラボラでブオーンとかもテンポ良くて良かった。

ビアンカorフローラの結婚問題!

完全にビアンカ派でしたね。まぁ・・・映画として綺麗にまとめるとどうしてもビアンカになりますよね・・・

ちなみにフローラとお婆さんは同じ波瑠さんが演じてたのは気付かなかったなぁ

ポスターとかではフローラも戦ってる風ですが・・・
映画ドラクエ ドラクエ5 ドラクエV 感想 レビュー ドラゴンクエスト ネタバレ フローラ
実際に使った呪文はモシャスだけ。

ここでもオチに繋がる自己暗示の表現が有りました。

でもなぁ 逆な気がする。
最初に「フローラ」って設定をしたのなら、物語的にビアンカの流れになっても・・・例え登場人物たちには納得出来ない理由でも・・・「フローラ」を選ぶべきでは。
もしくは始める前に「いつもフローラを選んじゃうから今回は「ビアンカ」の自己暗示をかけよう」ならあの展開でもわかるんだけどなぁ

その辺りは既にミルドラースウィルスによってシステムに問題が出てるって事なのかもですけど。

勇者登場

映画ドラクエ ドラクエ5 ドラクエV 感想 レビュー ドラゴンクエスト ネタバレ 無し 入場特典 キーホルダー
天空の剣を抜くシーンは音楽も相まってカッコ良かった!
ちなみに原作だと双子だった子供も今回は一人。
まぁ双子である必要性はなさそうだったから別にオッケー!

ここからは更に駆け足に物語が進んでいきます。
妖精をロボットが守っている設定、今回のミルドラースは何かおかしいなどオチに繋がる伏線も頻繁に登場。

そして最終決戦。

ここまで活躍してきたゲマの部下であるジャミとゴンズが瞬殺なのはちょっと残念でした。
ヘンリーは未だリュカと同い年ぐらいに見える!

天空の剣を投げ入れて・・・ミルドラースの復活!

ミルドラース戦

正直、Vは一度しかクリアしていないからミルドラースの姿を全く覚えていなかったけど、明らかに違うフォルムのミルドラースが登場。

ここでこの物語の本当の姿が明らかになります。
夢オチならぬ.p  vfd0k,っmんのームオチという事で賛否両論有りますが・・・個人的には別にいいかなー

山ちゃんこと、山寺宏一演じるアンチウィルススライムがミルドラースを倒す為に出してきたのが・・・

ロトの剣来たー!

天空シリーズよりロトシリーズが好きな私としてはここが高まりました!
なんならエンディングで流れたのがⅢの「そして伝説へ・・・」だったのも良きでした!

 

映画のターゲットは?

映画ドラクエ ドラクエ5 ドラクエV 感想 レビュー ドラゴンクエスト ネタバレ 無し 入場特典 キーホルダー

ホントはドラクエV未プレイの人が観て映画をきっかけにドラクエVをやりたくなってくれるといいんですけど今回の映画はドラクエVやった事無い人は話がダイジェスト過ぎてよくわからないと思います。
更にいうとバギマやベギラゴンをはじめとした呪文の説明は一切無いので、ドラクエ知識ゼロな人には全くオススメ出来なません。

スーファミのカセットをフーってするシーンとかも有ったりもして、多分ですけど子供の頃にドラクエVをやった30代後半から40代がメインターゲットな気がします。(そういえば山崎監督が得意としているのはジュブナイル映画だったけか。)

そして私のようにプレイした事があるけど細かいところはうろ覚えでロトシリーズが好きな人にぴったりだと思います。

ドラクエV大好きな人にとっては「なんでVにロト!?」とか「音楽が違う!」とかあれが違うこれが違うとか思うかもしれませんが私にとっては良いダイジェスト&ロト登場のサプライズで楽しめました。

そんな層をターゲットにしてる割にはギャグが子供向けだった気がして微妙でした。
せっかくのゲームって設定なんだし、もうちょっと勇者ヨシヒコみたいにドラクエあるあるネタで笑いを取りに行けば良かったのになぁ
そしたらそれもゲーム設定の伏線にもなりそうなもんなのに。

 

おわりに。

映画ドラクエ ドラクエ5 ドラクエV 感想 レビュー ドラゴンクエスト ネタバレ 無し 入場特典 キーホルダー【ネタバレ無し】「ドラゴンクエストユアストーリー」感想!ドラクエVプレイ者は前情報無しに観て欲しい! ネタバレ無しの感想を投稿した後、SNSなどで徐々に他の方の感想が目に入るようになってきましたけど・・・意外と酷評なんですね。
そんなに悪かったかなぁ?というのが正直なところです。

ドラクエVの壮大な話を2時間弱でまとめるとゲームオチじゃないにしてもダイジェスト感は避けれませんしね〜

とりあえず・・・ドラクエ欲は高まりました!プレイしていないドラクエも多いのでこれを機にやろっかなー

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥8,808 (2019/12/13 09:51:12時点 Amazon調べ-詳細)

それでは!

 

作品紹介

公式サイト:ドラゴンクエスト ユア・ストーリー


あらすじ

 

少年リュカは父パパスと旅を続けていた。 その目的は、ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻すこと。 旅の道中、遂にゲマと遭遇し、魔物たちと激しい戦いを繰り広げるパパス。 しかし一瞬のスキをつかれ、リュカが人質にとられてしまい、手出しができなくなったパパスは、リュカの目の前で無念の死を遂げる――

それから10年。故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」というパパスの日記を発見する。 父の遺志を受け継ぎ、リュカは再び冒険の旅にでることに。 立ちはだかるいくつもの試練、そしてビアンカとフローラ、2人の女性をめぐる究極の選択。 果たして冒険の先に待ち受けるものとは!?
引用:「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」公式サイト

原作はドラゴンクエストV

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥2,890 (2019/12/13 09:51:13時点 Amazon調べ-詳細)

小説

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」のノベライズも発売!

ちなみに・・・ドラクエ5の小説も有ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です