2018/12/30にブログを引っ越した影響で、未だ一部デザイン崩れが有ります。ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

リクルートエージェントにweb登録して電話面談までの流れや感想などをお伝えします。

最近の転職活動では転職エージェントに相談する事がだいぶポピュラーになってきました。
40歳を超えたのに今の職場に不満有り有りな私も転職活動の第一歩として転職エージェントとしては最大手と言っても過言ではない「リクルートエージェント」を利用してみる事にしました。
転職活動自体はまだまだ真っ最中ですが、今回はリクルートエージェントを使い始めてみた感想をお伝えしたいと思います。

転職支援サービス「リクルートエージェント」公式サイトはこちら

転職エージェント

転職エージェントとは転職活動している私達「求職者」に合った募集を行なっている企業を結び付けてくれるエージェントです。
一人で転職活動していては気付かなかった企業や職種を紹介してくれたり、現職の退職に対する悩み相談や履歴書、職務経歴書の書き方など転職に関する多岐にわたってサポートしてくれます。
転職エージェント会社によるかもしれませんが、求職者は無料なところがほとんどです。

転職エージェント会社のマネタイズポイント

手厚いサポートなのに無料だと逆に怪しく感じてしまうかもしれませんが安心して下さい(笑)
無事転職が成功し、就職出来ると企業から転職エージェント会社に報酬が発生します。

ある意味、街中に置いてあるフリーペーパーの求人広告雑誌と同じとも言えます。(雑誌の場合は広告も掲載されているので全く同じではありませんが・・・)

ですので、求人募集にある程度の費用をさける会社が多く登録しているという事になります。

 

リクルートエージェント


今回私が利用したのは「リクルートエージェント」です。転職エージェントサービスは色々有りますが、その中でも「リクルートエージェント」を選んだのは様々な職種の会社を扱っていそうだからです。
転職エージェントサービスによっては職種に特化したサービスも多いので、自分のやりたい仕事を探すのが理想では有りますが・・・なにぶん、40を超えて、出来れば前々職には戻りたくないという私には今の自分にどういった選択肢が有るかがわかっていない状態でした。
そういった事もエージェントと相談したかった事も有って、今回は「リクルートエージェント」を選択しました。

転職支援サービス「リクルートエージェント」公式サイトはこちら

リクルートエージェント利用の流れ

サイトに記載されている利用の流れをご紹介します。

  • STEP.1
    お申し込み
    Webで24時間受付、
    サービスは完全無料です
  • STEP.2
    面談・相談
    専任のコンサルタントが
    1対1で面談。
    キャリアプランを一緒に考えます
  • STEP.3
    求人紹介
    非公開求人も含めた
    求人情報の中からあなたに
    最適な企業をご紹介します
  • STEP.4
    応募・面接
    書類作成、
    面接のノウハウもサポート
  • STEP.5
    内定・入社
    条件交渉や入社日調整も代行
    円満退社のアドバイスなども
    キャリアアドバイザーにお任せ
参考 転職支援サービスの流れリクルートエージェント

今回はSTEP.2の面談までを詳しくご紹介します。

 

STEP.1 お申し込み

2018/12/22にリクルートエージェントのサイトにある・・・
リクルートエージェント RA 転職エージェント 転職サイト 転職サービス
オレンジ色のボタンをクリックして申し込みました。

登録作業。

まず表示されたのはこちらの画面。
リクルートエージェント RA 転職エージェント 転職サイト 転職サービス

入力する項目は・・・

  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の職種
  • 現在の年収
  • メールアドレス
  • 転職情報メールの要否

正しいメールアドレスを入力して次の画面に行くと・・・
リクルートエージェント 転職エージェント 登録 webサイト
氏名などを入力する画面に。

私はこの画面の保存を押してしばらく放置してしまいました。
年末で仕事が忙しかった事、本当に転職活動を始めていいのかを自問自答。など・・・しばらく放置した理由は色々あるんですが、そこの理由は割愛しちゃいます。

そしてこの保存をすると入力したメールアドレス宛てに・・・
リクルートエージェント 転職エージェント 登録 webサイト
こんなメールが届きます。

5日後の12/27には再送して、登録の続きを催促してくれます。

転職活動自体に踏み切れていないと、この催促メールはありがたいです(笑)
実際、私も催促メールをきっかけに登録の続きを行い、申し込みを完了させました。

面談日調整

そして登録の翌日(12/28)には面談の日時の調整の連絡がリクルートより有りました。
ただ、ちょうど年末年始で私自身の予定が見えていない事も有り、年明けに希望の日を連絡しますと一旦保留とさせてもらいました。

その日のうちに面談希望日のアンケートメールが送付されました。
リクルートエージェント 転職エージェント 登録 webサイト
年明けの2019/01/05に面談希望日のアンケートを回答し翌日(01/06)に確定した希望日の連絡がありました。

私の初の面談は01/10(木)となりました。

面談の形式

初回の面談の形式は以下の2つから選ぶ事になります。

1.来社面談(所要時間:約60~90分)
2.電話面談(所要時間:約30~60分)

私は「電話面談」としました。

 

STEP.2 面談

電話面談ですので、「極力静かな場所、メモが取れる準備を」と言われました。
約束の時間になるとエージェントから電話が有り、今の状況や転職先の希望など色々話して約30分ほどで電話面談が終了となりました。

リクルートエージェントで扱っていない会社

ちなみにですが、「リクルートエージェントには集まりにくく紹介しにくい会社」は自分で探して応募する事や今の会社に残る選択肢も考えてくれるなど、リクルートエージェントで扱っている会社に半ば無理やり紹介させるような事は全く有りませんでした。
リクルートエージェント 添削 メール 職務経歴書 転職エージェントに全く関係無い会社への職務経歴書の添削を依頼してみた!

扱っている会社以外だと報酬が無いのに・・・そんな事関係なく考えてくれて嬉しい限りです。

面談日の調整

私は最初に希望日時を出した時点では面談当日のスケジュールもかなり不確かだった事も有り電話面談としていました。
確定していた事、そして「電話よりも直接話せた方が転職活動に有利では?」と考えた事で・・・前日に「面談を時間は同じで良いので、電話面談から来社面談に変えれませんか?」と電話で打診したところ・・・

「エージェントの調整が出来ないので、同じ日時なら電話面談のみとなります。」

といった回答でした。ちょっと不思議では有りましたが・・・エージェントの調整さえ付ければ面談日時の調整は可能ですが、来社面談と電話面談は話す時間以外にも何か違いそうです。

 

おわりに。

最初に登録を始めて面談まで約3週間かかりましたがほとんどは私サイドの理由です。リクルートエージェントからは遅くても翌日には連絡をもらっています。かなり迅速に対応してくれるといった印象が有ります。

今回は「リクルートエージェント」の使い方についての投稿でしたので、面談の内容などは割愛させて頂きました。
詳しい内容や面談後のリクルートエージェントの使い方、転職活動については別途投稿していこうと思いますのでそちらもよろしくお願いします!


転職支援サービス「リクルートエージェント」公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です