【ジムレビュー】Climbing Gym B'nuts(ビーナッツ) 大崎古川店

Climbing Gym B’nuts(ビーナッツ)は宮城県の仙台市と大崎市に2店(2018/04時点)あるボルダリングジムです。もともと仙台にあるジムだったのですが2017/06に2号店となる「大崎古川店」がオープンしました。

2018/03末に「大崎古川店」に行ってきたのでご紹介します。

B’nuts(ビーナッツ)

f:id:kuro6kuro6:20180404193123j:plain

2017/06にオープンしたボルダリングジムです。オープンしてまだ1年たっていないのですが、まだまだオープンしたてかと思うぐらいかなり綺麗なジムでした。

外観は大きな倉庫?体育館?で、入り口を開けるとトイレと階段が有り、受付やジム自体は建物の2階に有ります。

受付周り

f:id:kuro6kuro6:20180404193329j:plain

写真右側に入り口が有ります。

左側に物販エリア。

f:id:kuro6kuro6:20180404193456j:plain

広くて品揃えもなかなかです。

物販エリアとクライミングエリアが分かれているとチョークなどが積もる心配もなくていいですね!

まずはこちらで登録用紙に記入します。

f:id:kuro6kuro6:20180404193755j:plain

私はなかなか来れないのでビジター利用でしたがその場合も記入が必要となります。

受付が終わると貴重品ロッカーの鍵が渡されます。

私はこのシステムのジムは初めてになります。貴重品のロッカーはクライミング中の紛失リスクが無いダイヤルロックが一番だと思っているのですが、ビーナッツ方式もなかなか良いなと感じました。

ダイヤルロック式だと財布などを入れたまま忘れて帰っちゃう事がたまにあるんですよね。ビーナッツ方式だと帰る際に鍵を返すので財布などをロッカーに入れたままとなる心配が無いので安心です。

更衣室

f:id:kuro6kuro6:20180404194329j:plain

写真左側が女子更衣室、右側が男子更衣室。それぞれの扉の横に貴重品ロッカーが有ります。

男子更衣室の横には階段があり、更衣室上のロフトエリアに移動出来ます。

f:id:kuro6kuro6:20180404194527j:plain

逆光でわかりにくいですが、ハンモックなどがあるレストエリアとなっています。

クライミング壁 

f:id:kuro6kuro6:20180404194629j:plain

写真右端が入り口、受付です。

メイン壁は写真右側がスラブや垂壁、左にいくにつれ角度が増していき、一番左が一番かぶった壁となります。

また写真左端の先(撮影場所の左側に当たります。)には初心者壁があります。

初心者壁 ボルダリング Climbing Gym B'nuts クライミングジム ビーナッツ 
初心者壁

まずここで初心者講習をうけ、登って慣れたらメイン壁の右側にあるスラブや垂壁に挑戦していくのがここでボルダリングデビューする人の王道パターンとなるようです。

ボルダリング Climbing Gym B'nuts クライミングジム ビーナッツ
入り口側から。
ボルダリング Climbing Gym B'nuts クライミングジム ビーナッツ
奥側から

今回は滞在時間が短かったので被っている面を中心にトライしました。

課題テープ

課題 テープ ボルダリング Climbing Gym B'nuts クライミングジム ビーナッツ

課題は基本的にラインセット(同じ色のホールドのみを使用する)で、課題に使う全てのホールドにテープが貼ってあります。

同じ壁に同じグレードの課題や同じ色のホールドを使った課題が混在する場合はテープの色を分けています。

つまり課題分けはホールド色&テープの色の組み合わせとなっています。

グレードはスタートホールドに表示してあります。

課題 テープ ボルダリング Climbing Gym B'nuts クライミングジム ビーナッツ

テープの色=グレードという訳ではありません。

私はこのタイプのジムは初めてだったのですが、山形の有名ボルダリングジム「FLAT(フラット)」で有名な形式で東北では標準的になってきているそうです。

ラインセットのスッキリさと課題の見やすさを上手く両立してていい感じです。

パッと見でグレードがわかりにくいので気になります。目が悪い私としてはマットから遠い課題はどうしてもマットの上まで上がらないとグレードを確認出来ませんでした。

私がビーナッツを訪れたタイミングは空いていたのであまり気にしなくて良かったのですが、混んでたりするとちょっと気になるかも知れません。

まぁ・・・メガネ持って行けって話ではありますが。

グレード感は標準的に感じました。

ただ、甘く入っている課題が無いように思えました。滞在時間が短かったのでお買い得の課題を探したのですが、オブザベした感じではどれも妥当な感じ。その中でもいくつか甘そうなのを触りましたが、やはり妥当に感じました。

スラックライン

f:id:kuro6kuro6:20180404201707j:plain

スラックラインラックが有りました。

4Mかな?3Mラックだと勢いで渡れちゃいますが、この長さだとそれは難しいので、初めての人がやるには、程良い難易度の長さだと思います。

ちなみにバウンス系はちょっと無理でした。

料金

f:id:kuro6kuro6:20180404202419j:plain

ボルダリングジムビーナッツ大崎市古川店料金表

一般的な料金設定だと思います。

平日割引やナイト回数券、レディースデイなど各種割引が充実しています。

営業時間

平日10:00~22:00
土日祝日10:00~20:00
定休日/火曜日

アクセス

ボルダリングジムビーナッツ大崎市古川店アクセス地図

大きな地図で見る

最寄り駅は新幹線も止まる古川駅。

Googleマップナビによると徒歩23分という事ですので歩くのはちょっと大変かな?やはり車で行くのが良いと思いますが、駐車場は10台程度でジムの規模のわりに小さめ。混雑時は足りなそうですが・・・もしかしたら別のところに第二駐車場的なのが有るのかもしれません。

 

感想

写真でもわかるようにかなり壁が綺麗!汚れにくいようにしっかりとコーディングをした上で掃除もしっかりとしていると思います。

壁の形状はシンプルですが、角度も高さもしっかり有るので不満は有りません!

地理的に私はここの常連になることは難しいですが、もしここの常連になるとしたら心配は課題数ですね。ファイル課題に挑戦している人もいましたが、レギュラーテープに週課題や月課題をどんどん貼っていくジムになれていると、どうしても課題数が少なく見えるのですが、常連さんはどうしているのか気になります。

これはビーナッツというよりはライン方式のジムの課題な気がしますが。

私は結局ライン方式のジムはたまに行ってその場限りを楽しむようにして打ち込む課題は作らないようにしています。

ライン方式は課題数の少なさからホールド替えの頻度が高いから何ヶ月もかけて課題に打ち込むって事が出来ないんですよねぇ・・・

私なら条件が同じならまぶし課題のジムをホームに選びますが・・・世の中の流れはラインなのかなー

 

 

まとめ

f:id:kuro6kuro6:20180404205701j:plain
公式HPリンク
公式ブログ無し
初回登録費¥1,300
体験利用一般¥2,200 子供¥1,300
足洗い場有り
チョークロジン入り不可
上裸
  • 施設が綺麗!
  • 壁が高い!
  • 課題&テープがスッキリ!
  • 比較的空いているので快適に登れる
  • 交通の便(駐車場)
  • 壁の形状はシンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です