【ネタバレ無し】「天気の子」感想!新海誠監督最新作は雨上がりの美しさに拘りまくってます!

天気の子 感想 レビュー 新海誠 ネタバレ 無し

本日(2019/07/19)に公開された「君の名は。」の新海誠監督最新作「天気の子Weathering With You」を観てきました!
今回はネタバレ無しの映画感想です。

まず点数評価・・・10点満点で・・・

6点

さすがの映像美でめちゃくちゃ綺麗でした!描写の得意なところを突き詰めた感じ?
話としては・・・説明不足でちょっと力押しに感じました。君の名は。の時みたいに描かれていない設定が有ったのかな?

新海誠監督最新作「天気の子」

「天気の子」は3年前に大ヒットした「君の名は。」の新海誠監督の最新作という事で非常に期待の作品です。
予告映像でも・・・


流石の映像美と「世界を変える」という言葉などと気になります。
公開は全国の映画館で9:00から一斉上映開始というのも公開側の拘りと注目度の高さを感じます。

 

「天気の子」を観たネタバレ無し感想

とりあえず雨上がりの描写が綺麗!
もうこれに尽きる気がします。雨上がりを何度も描きたいからこの設定にしたんじゃないかと思うぐらい。

主人公の帆高君が頑張り、陽菜ちゃんはしっかりヒロインする王道カップルなのが青臭くておっさん的には圭介さんの涙に共感です(笑)

冒頭の「yahoo!知恵袋」に始まりマクドナルドやカップヌードルなど実在の商品や建物がオンパレード!
特に建物はアニメだと変にもじっているのが楽しかったりするんですが、
私自身が最近新宿に行ってないから細かいお店の名前などの一致っぷりはわからないけど、実写映画並みに再現してた気がします。
あと、代々木のあの廃ビルは実在するのかな?それも気になります!

「君の名は。」と比較して

新宿を中心とした都会での話がほとんどでした。やっぱ都会の描写が上手なのが新海誠監督作品だと思いますので、映像美という点ではその良さが最大限に引き出されていた気がします。

冒頭の雨の新宿から病室へのカメラワークはリアルなんだけど実写では再現しにくそうなので、アニメの良さが活かしていて流石でした。

ただ、絵は綺麗なんですが・・・

泣ける要素やストーリー的驚きは正直ほぼ無かったですね。
この辺りは「君の名は。」に比べると全然弱い。

非現実な状況に奔走する帆高君達主人公サイドと現実的な警察。
「君の名は。」にも有った構図ですね。「君の名は。」は結果オーライという解決方法でしたが、「天気の子」は警察のザルさだけで切り抜けて目的を達成した感があります。
こういう展開だとだいたい警察サイドでも主人公達を信じてくれる人も出てくるんですけどねぇ
そういうのもなく、ただただ、ザルでした。

音楽は安定のRADWIMPSで、相変わらず新海誠監督作品としっかりマッチしています。
ただ、ちょっと似てるように感じるメロディー?表現?が有って良くも悪くも「君の名は。」っぽいです。

キャラクターデザインは君の名は。とほぼ同じテイスト。
「君の名は。」のキャラと勘違いするようなキャラクターもいたし、なんなら「いや、これもう瀧くんじゃん」と思うキャラも・・・

サプライズキャスティング


私は天気の子について新海誠監督最新作ぐらいしか前情報を仕入れていませんでした。
なのでスタッフロールの声優達を観てびっくり!いや、やっぱり!

気付かなかったキャラも居ました。もう一度観て確認したいなぁ

やっぱりといえば、カナとアヤネという女の子の声優が
カナ:花澤香菜
アヤネ:佐倉綾音
ってのもやっぱりで面白いキャスティングでした!

 

「天気の子」の不満点。

なんか全体的に勢いで押してる感があります。

もっと魚達も問題を引き起こしてくれた方が良かったし拳銃の扱いもなぁ

最初の船を襲ったバケツをひっくり返したような一瞬の豪雨も何か関係有るのかと思ったら全然関係無いし。

なんなら猫にカロリーメイトっぽいのをあげるのも「えっ?」って感じでした。
ファーストコンタクトは持っているものがそれしかなくて仕方なくってのはわかりますが2度目以降もねー
まぁ元気に育っていたようでしたので安心しましたが、今度は肥満の心配が・・・
圭ちゃん、あめちゃんをちゃんと管理してあげてー!

 

おわりに。

取り急ぎ、ネタバレ無しの感想を投稿しました!

個人的には「君の名は。」を超えた映画とは思えなかったです。細かい事を考えずに映像と音楽の綺麗さを楽しめば良い映画な気がします!

それでは!

近いうち、ネタバレ気にしない感想を投稿するつもりでーす。

 

作品紹介

公式サイト:天気の子


あらすじ

 

「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、
怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。

引用:「天気の子」公式サイト

主題歌

RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」

公開日前日に原作小説が発売!

公開日前日の2019/07/18に原作小説が発売されています!

created by Rinker
KADOKAWA
¥648 (2019/10/14 14:50:09時点 Amazon調べ-詳細)
初版はなんと50万部!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です